1.裏技情報の達人
集めた裏技情報をCD・ROMで販売。月の売上は150万円
・情報誌の記者として、文章を書く経験を積んでいた
・ネットの情報はタダという一般通念を破り、情報を有料で提供した
・本当に役立つ、いい情報を提供した
・必携アイテムはICレコーダー。思いついた裏技をその場で録音しておく
・常に何かネタになるようなものがないかとアンテナをはっている
・サイトで裏技を募集する。いい情報が寄せられたら買い取ることもある
・裏技の情報提供者とは、著作権、第三者に公開する場合などについてきちんと取り決めを行う
・採用する裏技については、必ずその真偽を確かめる
・幅広い分野に友人をもち、友人たちに裏技の真偽を聞くなど協力してもらう
・メールマガジンの執筆はライターにギャラを払って委託する
・男女、年齢、地域を均等に配分したモニターを集めて、メールマガジンを発行前に読んでもらい、よし悪し、間違いなどを指摘してもらう
・自分はまとめ役として働き、内容の最終チェックは自分でする


2.ビジネス情報の達人
金持ちサラリーマンになるための情報で100万円超の副収入
・ヤフー・ジャパンのカテゴリに登録されたことでアクセスが急増し、大きな収入につながった
・右肩下がりの会社業績。その中で抱いた危機意識をバネにしてサイトを運営
・ビジネス書を多読し、その知識を集約してコンテンツをつくった
・記事の書き方をストーリー仕立てにした
・まず、いい商品を探し、それがアフィリエイトで提供されているかどうかは後から調べる。いい商品であれば、アフィリエイトでなくても紹介する。こうすることで、サイトの信用度が高まる
・グーグルーアドセンスを使えば、どんなマニアックなページにも内容に合った広告が入る
・ホームページ登録ドットコムの「アクセスアップサービス」を使ってSEO 対策をした
・ディレクトリ型の検索サービスを提供する「ルックスマートージャパン」と「ジェイーリスティング」の有料の登録申請サービスを利用する


3.ネット内職情報の達人
小遣い稼ぎの方法を集めたサイトをつくり、3年で3868万円
・自分がネットで稼いだ金額や、ポイント、図書券などをサイト上で公開した
・紹介するサービスについては、省略せずに丁寧に解説する
・自分が実際にやってみた体験や感想を書く
・期限のあるキャンペーン情報などはスケジュールソフトで管理
・サイトのアクセスアップのために学習を欠かさない。バイブルにしているのは『ホームページアクセスアップの鉄則』(KE-、蒲健太著 翔泳社刊)
・なるべく簡単な言葉を使い、誰が見てもわかりやすいサイトをつくる
・トップページには広告を置かない
・日記は必ず書く